【ぶん殴りたい…】お金が貯まらない状況にしてしまった自分を後悔

不動産投資のある暮らし

こんにちは~Wabi sanです

僕はサラリーマンをしながら、2018年より不動産投資をはじめ『MAX400万円の損失』を出すも、現在は毎月13万円の収益化に成功しています。この経験から「資産に働いてもらい収入を増やす」をコンセプトとして、初心者の方にむけ二、三歩先を行く先輩として情報発信中です。

現在、無料クラスから始められる「Wabisabi College」という不動産投資に特化したオンラインスクールを運営しており、教科書どおりのきれいな知識では学べないリアルを完全個別対応でお伝えしています。加えて不動産エージェントとしての活動もしており、サラリーマンの副業投資家だからこそ提案できる、「普通は外に出したがらない物件情報」もがっつり提供していきます。

サラリーマンの悩み「新築でマイホームも建てて大きなローンも抱えてしまった…。このローンを返すために死ぬまで働き続けるしかないのか?」このような悩みが出てきました。

このような悩みを抱えていた僕がどのように不動産投資を始めるに至ったのかを解説していきます。

本記事の動画解説

お金がないと始まる負のスパイラル

【ぶん殴りたい…】お金が貯まらない状況にしてしまった自分を後悔

こちらのテーマでは、お金がないと始まる負のスパイラルについて解説をしていきます。サラリーマンとして毎日毎日働いている僕なのにお金が貯まらない…。そんな僕がどのように不動産投資を始めるに至ったのかを解説していきます。

お金がなかった僕が不動産投資に注目するまで

こちらのパートでは、お金がないと感じた僕が不動産投資に注目するまでを解説していきます。不動産投資に興味を持っているサラリーマンの方はぜひご覧ください。

僕が不動産投資に注目した3ステップ

  • 本業以外の収入を模索した
  • 時間もないので不労所得を得れる副業に注目
  • 結果、不動産投資に興味を持った

上記をまとめると、まずお金がないので本業以外の収入を模索し始めた。しかも時間もないので不労所得を得れる副業に注目した。その中で家賃収入で稼ぐ不動産投資に興味を持ったという流れになります。

一つ注意すべきことは、不動産投資は完全に不労所得ではないということです。始めてみると、物件の調査、購入、運用など各ステージにおいてそれなりに作業も発生します。ただ入居者に長期で入居してもらえる物件を手にすると少ない手間で安定して稼げるというのも事実です。

そういう意味ではセミリタイアを目指せるのが不動産投資と言えると思います。メーカーに務めるサラリーマンだった僕にとっては不安もありましたが、地道に継続しつつ頑張っていこうと考えたわけです。

不動産投資を始めた僕がなぜ貯金に注目したか

こちらのパートでは、不動産投資を始めた僕がなぜ貯金に注目したかについて解説していきます。僕以外のサラリーマンにとっても参考になりますのでぜひご覧ください。

不動産投資を始めるために現金を貯めるべき3つの理由

  • 不動産投資ローンの自己資金に
  • 投資用の築古戸建てを現金で購入するために
  • 生活資金の確保のために

上記をまとめると、不動産投資は現金があればあるほど有利になるということです。不動産投資ローンを借りる際は頭金があるほど融資も通りやすいし、返済も楽になります。築古戸建投資は現金がなければ始めることが難しいです。またどちらのケースでも生活資金は別で確保する必要があります。

ここで僕が最も大切だと思うのは家計を見直して月々の収支をできるだけ改善しましょうということです。特に重要なのは固定費の削減です。僕の場合は車両保険は解約し、携帯は安いキャリアに変更などをして削減しました。

ちなみに僕の場合はせっかく貯めた現金で始めて築古戸建を購入した際、物件の目利きができずにボロすぎる物件を購入してしまい、全然稼ぐことができませんでした。まずは現金が重要ですが、その後は不動産投資のスキルが必要になってきます

「僕はWabi sanのような失敗をしたくない…」

このように感じる方も多いと思います。そのような方はWabi sanに無料で相談してみてはいかがでしょうか?

「資産に働いてもらい収入を増やす」をコンセプトにしたサラリーマンのための不動産投資オンラインスクール「Wabisabi College」の60分無料体験

60分無料体験の申し込みはこちらをクリック
※営業は一切しません。気軽に遊びに来てください

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!